「神医」と呼ばれた男 華佗のレジェンド



三国志の時代、曹操の典医(侍医)となり、民衆たちから「神医」と呼ばれ、尊敬のまなざしを集めた伝説的な医師がいました。創薬、鍼灸、外科手術などの高度な医術を駆使した華佗。彼こそ東洋医学史上No.1のレジェンド。

目次
● 神医 華佗
● 世界初の麻酔薬を発明
● 寄生虫研究の第一人者
● 病気の再発や死亡する時期を予言できた
● インフォームド・コンセントを行っていた
● 健康体操法を発案した
● 華佗は東洋医学界の”神”だ!!
神医 華佗

今から約1800年前、後漢末期。人々から「神医」と称賛されるひとりの男がいました。
その者は名前を華佗、字を元化と言い豊富な薬学の知識と医療技術を有していました。彼の医術はまさに”神業”。その噂は中国全土に名を轟かせ、魏の礎を築いた乱世の奸雄 曹操が典医(侍医)に召し出したほど。まさしく彼こそ「神医」の称号に値する素晴らしい名医です。

医術によって高い功徳を積むも、当時の社会情勢に悩み、苦しみ、非業の死を迎えた彼。本記事では、神医華佗が成し遂げた偉業や難しい治療などのレジェンドをお送りします。

世界初の麻酔薬を発明

当時は医者が薬剤師の仕事も行っていました。患者の脈拍や訴える症状、あるいわ身体に現れる視覚的なサインから病気を特定し、処方する薬を決めました。それから薬草の効能や組み合わせ、配合の分量を調べて処方箋に書き写し、それから薬品の分量を量りながら調合を行っていたため、時には在庫がなく患者が服用するまでに時間がかかりました。

しかし華佗はありとあらゆる薬の名前や薬草の組み合わせ、分量を記憶しており、薬品を調合する際はすべて目分量で調合していました。一歩間違うと危険な調合方法ですが、華佗の薬の配合は完璧で、みんな信じて疑わなかったそうです。そのため、華佗の薬はもらってすぐに水で煮出して飲めばよかったので、すぐに服用することができました。

華佗は世界初の麻酔薬を発明したとされています。その薬は「麻沸散」と言い、患者に葡萄酒とともに服用させると、服用した患者は酩酊したように、意識がはっきりしなくなって、時間がたつとどんどん視覚・聴覚・触覚・痛覚・聴覚など身体じゅうのありとあらゆる感覚がなくなって、目が覚める頃には施術が終わっていたと後漢書に麻沸散の効能が書かれています。

麻沸散に関する著書は存在していましたが、近代にいたるまでの中国では外科手術の理解がなく、弟子でさえも処方を継承されていなかったため、華佗の死後に「麻沸散」を作る医者は中国に現れませんでした。
華佗の死後から約1550年が経過して、江戸時代中期に日本人の華岡青洲が華佗の麻沸散を参考にして、実母の死と妻の目の光と引き換えに全身麻酔薬「通仙散」(別名 麻沸散)を完成させました。

寄生虫研究の第一人者

現代のように寄生虫を予防する農薬や衛生環境の整った食品加工場がなかったこの時代は、寄生虫に感染したことが原因で命を落とす人も少なくありませんでした。
寄生虫による傷病は、お灸や鍼を打っても全然効果が見られないし、薬を服用してもその栄養分が寄生虫に吸収されて意味を成しません。また、特有のサインなどがないので治療には困難を極めました。華佗に体調不良を訴える患者の中には寄生虫に感染した者も多く、寄生虫の生体や人体からの排出方法を研究していたようです。

「正史三国志-華佗伝」や「後漢書-方術伝」に記録されている華佗の診断では、寄生虫に感染した者に的確な指示をして、寄生虫を吐き出させることに成功しています。

■世界で初めて寄生虫標本を作っていた
あるとき寄生虫の感染者が馬車に乗せられて医者にかかろうとした道中で偶然にも華佗と遭遇し、うめき声を聞いた華佗がその馬車を呼止めて診察をしました。華佗は患者に寄生虫を吐き出す方法を教え、患者がいう通りにすると、蛇のように長い寄生虫が口から外へ飛び出ました。

お礼をしようと華佗の自宅を訪ねて家の中に通されると、部屋の壁に数十もの蛇のように長い寄生虫がかかっていたそうです。

医療と科学が進んだ現代では、動植物や虫などをホルマリン漬けにしたり、真空状態を作って腐敗を防ぎ、原型を何年もとどめることができる標本が作られています。
これらを作るための薬品や装置がない時代に、どのようにして標本にしていたのかは謎に包まれたままです。

病気の再発や死亡する時期を予言できた

華佗が治療にあたった病気の中には、完全に治療することができず、症状が再発する恐れのある病気もありました。
そのため、華佗は診断したときに「あと何年後にまた同じ病気が再発するよ」、「病気を治してもあなたの寿命はあと10年以内で尽きるよ」という予言をしていたそうです。
華佗から以上のような予告をされた患者は言われたとおりになったそうです。

インフォームド・コンセントを行っていた

■インフォームド・コンセントとは
患者が医師などの医療従者から十分な説明を受け、患者がそれに納得・同意をして治療法を患者自身の意思で選択すること。

アメリカで1960年代にあった患者の人権運動で、従来の患者に対する医師の権威主義敵独善的態度(医師のパターナリズム)を批判する声が高まり、「患者を中心とした医療」が求められるようになりました。このプロセスを経て、新しい医療倫理の考え方を反映した裁判基準として確立された概念です。
(参考文献:保健医療行政ミニ語集)

三国志の時代も医者からこれからどんな施術をするのか、またどんな効能・副作用のある薬を与えるのか十分な説明をされず、患者は黙って受け入れるしかありませんでした。
しかし、華佗はちゃんとインフォームド・コンセントを行っていて、患者の合意を得たうえで手術にあたっていました。

健康体操法を発案した

小学校時代、夏休みの恒例であるラジオ体操をするため、近所の公園や集会所に集まって皆勤賞を狙っていた方も少なくないでしょう。ラジオ体操は健康体操および体力向上運動として戦後に発案されました。

この健康体操および体力向上運動の先駆けとなるものを華佗はあみだしました。華佗は屠蘇や五禽戯という健康体操法を発案したとされています。
五禽戯は虎戯、鹿戯、熊戯、猿戯、鳥戯5つの体操の総称で、これらの動物のポーズや動きを真似た運動をすることによって、体力向上、結構促進、栄養の消化吸収、デトックス効果を促すと言われています。
華佗の弟子である広陵の呉晋は、この言葉を信じて五禽戯に取り組んだためか、高齢になっても耳や目はハッキリしており、歯は一本もかけることなく90歳まで生きたそうです。

華佗は東洋医学界の”神”だ!!

華佗は、時代の波に翻弄され、自分の才能、技術をすべて継承できた者がいないのはまことに残念なことです。全身麻酔を発明した江戸時代の日本の医師である華岡青洲や家畜の去勢術、薬草学、鍼灸術、寄生虫研究など後世にも大きな影響を与えました。彼こそまさに東洋医史を代表する”神医”です。

扁鵲の逸話


漢方
2012/03/0109:37 0 0
 色々調べている。6つほどの逸話にたどり着いた。詳細は後にして概要は次のようだ。

扁鵲について

師匠、長桑君との出会いと秘伝
・『史記』という中国歴史書の『扁鵲倉公列伝』という項目で紹介されている、周の時代の歴史的な名医。
・30日たつと垣根の向こうが見えるようになった
五臓の病気を早期発見することが出来る
・扁鵲の“鵲”の字は、カササギという鳥のこと。
・古来中国では、鳥は「神の使い」として神聖視されていた。とくにカササギは「風を知る鳥」として「物に先んじて動き、事に先んじて応じ、気風の象を見る」と記されている。
・ 秦の太医令丞李醯(Li Xi)(リ・ケイ)が差し向けた刺客に殺された

扁鵲伝の逸話 その1

昏睡状態の趙簡子が見た夢
五日間昏睡状態が続いている趙簡子
扁鵲曰く「血脈は問題ない。昔秦の穆公は七日眠って起きたとき「帝のところに行っていて楽しかった(以下長いので省略)」と言ったのでそれを記録して『秦策』ができた」と解説
二日半経って簡子が目覚め言った「帝のところに行っていて楽しかった(以下長いので省略)」
扁鵲は田四萬畝を褒美に貰った

扁鵲伝の逸話 その2

虢の太子を生き返らせる
虢の太子が死んだ(ように見えた)
病の兆候は大表にあらわれるのでわざわざ診察しなくても病気を診断できる
扁鵲は太子に会ってもいないのに尸厥であると診断し、治療して生き返らせた
扁鵲曰く「私は死人を生き返らせたのではなく当然に生きているものを起しただけである」

扁鵲伝の逸話 その3

扁鵲を信じない斉の桓侯の死
桓侯に三度謁見した扁鵲は三回とも治療をすすめる
桓侯は、扁鵲が病気でないものを治療して利を求めているのだと思って治療を断る
四度目に謁見したとき扁鵲は一目見ただけで桓侯がすでに治らないほど悪化していることを見抜き、すぐに逃げ去るその五日後に桓侯は体が痛み出し病死してしまう

扁鵲伝の逸話 その4

兄弟での腕の違い 第一次予防こそ最も重要
文公:お前たち兄弟三人の中で、一番医術に優れているのはだれか
扁鵲:長兄です。その次が次兄で、私が一番下手です
文公:そのわけは
扁鵲:長兄は人を診察する場合、病気がはっきりした形をとる前に治してしまいます。
ですから長兄の名前はその家の者しか知りません。
次兄は、患者の容体が軽いうちに治してしまいます。そこで次兄の名は、村里の者しか知りません。私ときましたら、血脈に鍼を刺し薬を投与し、肉をほふり、病を治します。
私の名は遠く諸侯に聞こえています.

扁鵲伝の逸話 その5

六不治
第一の不治:驕恣(きょうし:おごりがひどく欲ばりであること)で、物事の道理に従わない状態
第二の不治:財(お金など)をけちって身(健康)を軽んじる状態
第三の不治:衣食住を適切にしない、できない状態
第四の不治:陰陽が五臓にとどこおり、気が安定しない状態
第五の不治:身体が衰弱しきって、薬を服用できない状態
第六の不治:巫を信じて医を信じない状態

扁鵲伝の逸話 その6

心臓に精神があると考えた 
・名医・扁鵲が“公扈”と“齊嬰”との心臓を入れ替え、公扈は齊嬰の家に、齊嬰は公扈の家にそれぞれ帰った(『列子』湯問篇)

powered by crayon(クレヨン)